Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

luv2

.crash worthiness
--0.516%
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
「まず私を怖がらず存在を受け入れてくれ」
DEATH NOTE 6 (6)
DEATH NOTE 6 (6)
大場 つぐみ, 小畑 健

4/2 読了。
 今回、終盤の展開はわりと好きでした。次巻に楽しみがもてたので。
 ただミサはやはり好きになれません。早くライト対Lに戻って欲しいなと思います。今回はレムが出てきたんですが、リュークの姿は未だ見れず。
 今回は警察へ戻った仲間も協力してくれたので作品の展開が広がった気がします。Lの仲間といえばアイバーが好きです。ヨツバ以降も活躍に期待したいです。
Posted by R
comic / 22:23 / - / trackbacks(0)
そろそろ青春も無理な齢かな。
NARUTO 巻ノ27 (27)
NARUTO 巻ノ27 (27)
岸本 斉史

4/3 読了。
 第一部完結ですね。こういう結末とは思っていなかったのでいい意味で楽しめました。
 第二部ではナルトがどんな成長をしているのか今から楽しみです。キバやシカマルももっと出て欲しい。赤丸は大きくなっているんでしょうか。
 カカシ外伝も面白かったです。ただ、四代目をあんな風に登場させ、キャラクターを見せるとは思っていなかったので残念でしたが。できれば本編で明らかにしてほしかったです。
 今回ブログのタイトルに選んだのはガイの科白。無理とは言わず、復活したリーと一緒に楽しんで欲しいです。
Posted by R
comic / 20:17 / - / trackbacks(0)
泣かせてくれたら、殺してあげる。
愛の殺人者渇きのセイ 1 (1)
愛の殺人者渇きのセイ 1 (1)
能條 純一

4/2 読了。
 コミックについていた帯に「表の顔は雀ゴロ、裏は殺人者」と書かれていました。それが気になって購入。
 内容的には、短編集に近いという印象。死にたがる女の死にたい理由が描かれており、主人公セイのキャラクターはいまいち掴めず。
 一巻の終盤で雀荘のシーンがありますが、そこが一番面白かったです。麻雀の話と裏の世界、それこそ代打ちやデカピンなどを材料にストーリーが作られていたらもっと気に入りましたが、続きが出ても買おうかどうかは悩むところです。
Posted by R
comic / 23:14 / - / trackbacks(0)
ロワン・ディシー
Heaven? 2 (2)
Heaven? 2 (2)
佐々木 倫子

2/23 読了。
 墓地のなかにあるフレンチレストラン、ロワン・ディシーを舞台した物語。わがままなオーナー黒須に引っ張り回される従業員たちが凄く面白いです。もともと佐々木さんといえば「動物のお医者さん」で好きになったんですが、この作品は今まで読んだことがありませんでした。面白いと薦められて購入し、今ではお気に入りの作品。唯一フレンチレストランで働いていた主人公伊賀くんの苦労、これからどんな風になっていくのかが楽しみです。
 フレンチレストランが舞台ですが、人間ドラマとして充分楽しめるコメディで、料理が全面に出ていません。料理漫画が読みたい方には物足りない者があると思いますが、気軽に楽しめる作品なのでお勧めです。
 漫画的であるけれど、どこか身近なものを思わせる登場人物やストーリー。その辺りがとても馴染みやすい。
Posted by R
comic / 23:56 / - / trackbacks(0)
「どんな美味いもんでも毎日食えば必ず飽きる」
焼きたて!!ジャぱん (6)
焼きたて!!ジャぱん (6)

1/19 読了。
 随分前にこのコミックを読み始めました。パン、という題材に惹かれて読み始めました。
 毎回出てくるパンがどれも美味しそうです。パンづくりのことは詳しく知りませんが、主人公の工夫には驚いたり、食べてみたいと思ったり。今度パンづくりに挑戦してみようかな、と計画中です。
 全体的にはコメディ色が強く、それが苦手な人は読めないかもしれません。私はこのノリがテンポよくて好きだったりします。この勢いをいかに飽きさせないようにするか、今後が楽しみです。
Posted by R
comic / 23:55 / - / trackbacks(0)
なんかひとつできる奴が欲しいんだよ
アイシールド21 (3)
アイシールド21 (3)
稲垣 理一郎, 村田 雄介

1/14 読了。
 前から気になっていた「アイシールド21」。思い切って購入しました。主人公の成長が判るスポーツものは大好きです。続きが気になるので、本屋へ行く機会があれば買おうかな、と。これといって特別好きなキャラクターはいませんが、全体的に魅力のあるキャラクターが多く、主人公サイドだけではなく敵チームのメンバーも好きです。全体的に動きもあるので飽きません。展開も早いので次が気になるところ。
Posted by R
comic / 23:28 / - / trackbacks(0)
「空振りしたらまた何度でもしかけるだけさ」
猿ロック 5 (5)
猿ロック 5 (5)
芹沢 直樹

1/5 読了。
 本屋へ立ち寄ったら出ていたので購入。
 今回は、前巻の怪我を負って猿が入院したまま展開するストーリーでした。舞台は病院で、下ネタの嵐。
 もう一話入っていましたが、こちらはストーカーの話で面白かったです。ただ最初から怪しいと思わせる為に出していた登場人物が突然いなくなったので、それが疑問でしたが。もう少し面白く使って欲しかったです。
 さて、疑問はサイトウくん。もう出てこないのかなぁと思うと淋しいですね。
Posted by R
comic / 23:40 / - / trackbacks(0)
でも、もう必要ねぇけどな。
猿ロック 4 (4)
猿ロック 4 (4)
芹沢 直樹

12/15 読了。
 以前立ち読みしたときに、ヤンマガだけあってちょっとエロいなぁと思い買う気になれなかったコミック。結局決意までに時間がかかりましたが、サイトウくんが気になって買うことに。
 昨日ようやく4巻まで揃えたんですが、サイトウくんが予想していた性格とは(というかキャラクターとは)違ったので少し残念でした。でも個人的には一番好きなキャラクターなので、買って損した気分はなく。内容も確かにエロいカットは多いと思いますが、題材が興味深いのでこの先も楽しみにしています。テンポのいい進み方なんで、読んでいても飽きませんでした。

 サイトウくんといえば、大河ドラマ「新撰組」、最終回を迎えました。リアルタイムで見ていたんですが、ああいう脚本にするとは、意外でした。物足りない気もしますが、中途半端な映像になるよりはすっきり纏まっていたかも知れません。近藤勇の首は京都で晒されたのち、誰かに持ち去られているとは歴史上ある話だったと思いますが、近藤勇処刑時のことは殆ど記憶になく、正しい歴史であるかは不明です。持ち去った人物も判っていなかったように思いますが、定かではなく。
 今回、ドラマでは容保に頼まれた斎藤一が取り返しに行っていました。勿論ドラマとして脚色はありなので問題はないんですが、個人的に近藤勇処刑前後のことはうろ覚えなのでまた調べたいと思います。今回、近藤の首を取り返しに行った斎藤氏が「会津藩お預かり、新撰組三番隊隊長 斉藤一」と名乗るシーンは特に好きでした。
Posted by R
comic / 00:05 / - / trackbacks(0)
尾田ちゃん、結婚おめでとう。
Hilary Duff
Hilary Duff

11/22 週刊少年ジャンプの今週号を読了。
 NARUTOは外伝が始まったようですね。先々週号で本編は一段落、といったところでしょうか。気になってここのところ買い続けていたのですが、NARUTOとONE PIACEが休みだと読むものがないんですよね。BLEACHはコミック待たないと話が判らず。
 さて、そのNARUTOですが。二部はどうなるんだろうかと今から不安です。正直、このまま続けて欲しかった、と。外伝に関しては殆ど流し読みだったので感想も書けません。個人的に好きなのは、やはり下忍たちだったりするので……。キバやシカマル(中忍ですが)の活躍が見たかったです。少し残念な展開。

 ONE PIACEは残念ながら今週見ることができませんでした。正直、載っていてもジャンプを読む気はなかったと思いますが(カクが政府側だったから)。
 カクが敵だなんて信じられません。船大工が仲間になるなら、やっぱりパウリーなのかなぁ、と落ち込み中です。今のところ、カクが一番のお気に入りだったので。カクが今回のストーリーが終わればもう出てこないと思うと、とても読む気になれません。

 漫画って物語のおもしろさというか、起伏というか──とにかく読んでいる側が得る浮き沈みが激しいなぁと思いました。
 最近小説を読めていないので、そろそろ読みたいと思います。実は「陽気なギャングが世界を回す」に手をつけたのですが、途中で止まっている状態です。
 知人に折原一氏が面白いと聞いたので読んでみようかと。「あおい」というタイトルの小説も読みたいこのごろです。

 BGM**Hilary Duff
Posted by R
comic / 22:17 / - / trackbacks(0)
あいつはこうなることを覚悟の上で決闘を挑んだんだ。
ONE PIECE 巻35 (35)
ONE PIECE 巻35 (35)
尾田 栄一郎

11/3 読了。
 待っていた35巻がついに発売されたので即読み。今まで、ポジティブに冒険を主体としてきた内容が一気に変わりました。仲間対仲間の物語──もしかするとONE PIACEのテーマの一つが出る展開ではないでしょうか。
 前から誰かが船を下りるという情報だけがありましたが、降りたのはルフィ、ゾロ、チョッパー、サンジ、ナミの5人。ルフィとウソップが戦い、メリー号を明け渡したんですが、この時点では既にロビンは消息不明、本誌では現在ルフィたちの敵に回っていますね。
 ルフィの仲間から誰がいなくなるのかと予想していたのはウソップでしたが、もしかしたらロビンなのかもしれません。尾田ちゃんのプロットに予想がつけられません。
 本誌の方では今週号とんでもない展開──。私はカクが仲間になって欲しいんですが、パウリーが動いているので雲行きが怪しい上に、カクが生きているかも怪しいです(尾田ちゃんのことだから殺しはしないだろうけれど)。
 来週号が待ち遠しい。
Posted by R
comic / 23:53 / - / trackbacks(0)