Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

luv2

.crash worthiness
--0.516%
<< 「ね、遊んでよ」 | main | My life without me. >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
「ヘイ、結構なスペクタクルだったろ、ボーイズ?」
転生学園幻蒼録
転生学園幻蒼録

9/23 読了。
 京羅樹ことラギィ見たさだけにノベライズを購入し、やっと読む気になったので読んでみました。もともとキャラクターの多いゲームなので、ストーリー的にはいらないキャラクターもいると思います。どうやって小説にするのか前から気になっていたのですが、あえて主人公と対する立場である榊原を登場させない手法を取るとは意外でした。
 文章的にはところどころ、視点が変わるところもあったように思うのですが、それはライトノベル特有のものと思っておきます。普段ライトノベルは滅多に読まないのですが、フリガナが多いように感じたのも対象年齢によるものなんでしょうね。
 ゲームとはイベントも展開も変わり、巧く纏められたストーリーだと感じました。面白かったです。
 ただ不満が一点ありまして。
 ラギィ、全然出てこないんですが。月詠はコウばっかり出て……、ラギィはほんの数回。内表紙にカラーで載ってるのに……(それを言えば、ナギは表紙なのにセリフも少なかったですが)。もうだいぶ朝方だったので、ラギィが出てくるまで読んでから寝ようと思って、結局朝まで一気に。
 榊原が出てこないことよりも、ラギィの出番が少なすぎたことに不服。合宿での出会いはもっと活躍させてほしかったなぁ。修学旅行も書いて欲しかったなぁ。そう思うのは、ただ単に個人的な要望なんですが。
Posted by R
light novel / 09:22 / - / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 09:22 / - / -
Trackback URL
http://luv7.jugem.jp/trackback/65
TRACKBACK