Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

luv2

.crash worthiness
--0.516%
<< ダーリンは外国人 | main | ムーンライト・ジェリーフィッシュ >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
戦国自衛隊1549
戦国自衛隊1549
戦国自衛隊1549

6/21 鑑賞。
 予告から随分気になっており、友人の間でも話題になっていたので、友だちと一緒に観に行きました。
 自衛隊と織田軍の対決、というのは面白い発想であり、見物だと思います。しかし、ツッコミどころは満載。疑問も多々あるので消化不良です。
 何より、タイムスリップしてしまった部隊を救出しに行く自衛隊の方が装備が甘く、あっさり負けてしまうあたりは何しに行きたかったのか判らない。「現地人との接触は禁止」と言いつつ、思い切り軍用ヘリを飛ばしたり、現代の恰好で乗り込んだりする勇気も相当バカだと思いました。上官は怒鳴るばかりで煩わしかったというか……。
 そういえば洋画に、タイムスリップした父親を探しに行く物語があったと思います。マイケル・クライトン原作の「タイムライン」。英仏百年戦争の最中に飛ばされるため、当時の衣装を纏ってタイムスリップするところから物語が動きます。「歴史を変えるわけにはいかない」ともなれば、それは当然かと。「戦国自衛隊1549」では、そこまで考慮されていませんでしたが。そもそもタイトル通り、戦国時代で自衛隊が活躍しなければ話になりませんから、現代の装備で行くしかなかったのでしょう。
 また、先にタイムスリップしてしまった自衛隊員によって過去が変えられているのは、その原因のひとつに現代の武器であったり発明があるのだから、武器や時計などの小道具を置いて変えるのは、些かどうかと。「歴史はある程度の修復能力がある」という設定を武器にし過ぎかな、と。散々過去を荒らして、現地人に姿をさらして、その時代に存在しなかった人の遺体も置いて帰るのは──、いいのだろうか、という疑問が残りました。他にもたくさん、歴史は変わるだろうなというような印象を受けました。

 軍隊の動きも気になりました。自衛隊という設定がどこまで忠実なのかは知りませんが。最初に江口洋介の元に鈴木京香らが訪れるシーンも不自然だったし、そもそも江口氏や鈴木京香さんは自衛官に馴染めていなかった気がします。
 予告を見て自衛隊V.S.戦国武将大軍という設定を楽しみにしていたので、仲間を助けにタイムスリップした江口氏らを待ち受けていた織田軍には半ば呆れ気味で。鹿賀氏は織田といういい雰囲気を出していたのに勿体ないです。濃姫は私の持つイメージを見事に潰してくれました(笑
 人間関係もよく判りません。鈴木京香さんと鹿賀氏のやりとりは意味深なんですが、何のことか観客には伝わらないです。また、江口氏に自衛隊員が「今の貴方の方がいい」と告げるシーンがありますが、前後を比べて江口氏の何が変わったのか、不明です。

 ここ最近観た映画で一番不評でした。原作者が福井氏なのが意外というか──。
Posted by R
movie / 23:03 / - / trackbacks(2)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 23:03 / - / -
Trackback URL
http://luv7.jugem.jp/trackback/274
TRACKBACK
戦国自衛隊−兵器はあっても戦闘なし
行ってきましたよ、「戦国自衛隊1549」。歴史を改変する/しないってところば〜っかりに焦点が当てられて、バトルシークエンスはとっても控えめ。「戦国時代に自衛隊が行って、その軍備で戦闘したら?」っていう、「戦国自衛隊」の基本の根っこ部分が消えてますけど?戦
| 出会い系データブログ・攻略そして紹介 | 2005/06/24 11:59 PM |
戦国自衛隊1549ってどうなのよ?
最近のあずさは映画がマイブーム♪特に、この春からは見たい映画がてんこ盛りで見ないまま終わっちゃったモノもあり…(T.T) 邦画では『電車男』よりも期待してた『戦国自衛隊1549』なんだけどあずさの周りで見に行った人からは「期待倒れ」だの「前のが良かった」
| バツイチあずさ -出会い系 やる気マンマン- | 2005/07/01 7:09 PM |