Calender
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
Recommend

Selected Entries
Recent Trackback
Categories
Archives
Bookmark
Profile
Search This Site
Others

luv2

.crash worthiness
--0.516%
<< 「クマルを撃てるの?」 | main | 悪魔か、救世主か? >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Posted by スポンサードリンク
- / / - / -
「いい度胸じゃねぇか。嘘ついてやがった」
嘘つきは探偵のはじまり
嘘つきは探偵のはじまり
川上 亮, 岩崎 美奈子

3/31 読了。
 本屋に立ち寄った際、「この絵は」と思って手に取りました。ライトノベルは久しぶりに購入です。「四日間の奇跡」と「慟哭」が難しい小道具を使用されていたので、ノリで読めるものならなんでもよかったんですが。作者さんには失礼ながらも絵で購入しました。イラストレーターの岩崎さんの絵は転生学園が好きな所為か強く印象にあるので。
 内容も少しは気になったんで、結局一気に読み切りました。
 マフィアネタとしては弱いです。マフィアではなく、ギャング程度ならまだこのネタで読めたと思いますが、作中には「あり得ないなぁ」と感じるシーンも多かった。犯人については不意をつかれましたが、ミステリーの最低条件は満たしているので気にはならず。
 一番気にかかったのは、最初の殺しです。読み進めているうちに普通の町ではないと理解できましたが、主人公の冷静さには驚きました。あとは警察が全く出てこないので、主人公たちが疑われないあたりにも疑問が。
 私は落ち着いてそうな能勢くんが一番好きです。続編があるなら是非探偵事務所に入って欲しいですね。
Posted by R
light novel / 16:58 / - / trackbacks(0)
スポンサーサイト
Posted by スポンサードリンク
- / 16:58 / - / -
Trackback URL
http://luv7.jugem.jp/trackback/215
TRACKBACK